FC2ブログ

法事・法話を行いました。

本日、玉寿荘では在籍中に亡くなられた方々のご供養を行いました。
施設に来ていただいたのは喜雲寺の住職様です。
昨年は東日本大震災の影響で行う事ができませんでしたので、2年ぶりに執り行ないました。

入所者・職員全員が集会室に集まり、手を合わせました。

法話では住職様から彼岸の由来やお釈迦様のお話、日ごろの生活の仕方についてお話いただきました。

「寒いときがあるから暑いときもある。嫌なこともあるから楽しいこともある。食事に例えるならば、好きなものばかりを食べ続けていれば飽きてしまう。嫌いなものを食べて、たまに好きなものを食べるから美味しく感じることができる。それと同様に、いろんな人がいる世の中で、人を妬む人もいれば意地悪な人もいる。お金持ちの人もいればそうでないひともいる。お互い尊敬し合い、協力し合うことが大切なのだ。」
「お願いをするのではなく、感謝をしなさい。」
「いい夢を見れるよう努力しなさい。寝る前に嫌なことを思い浮かべて、朝に嫌な気持ちで起きるのではなく、寝る前にいいことを考えて、いい夢を見て、朝気持ちよく起きることができるよう、いい夢を見れるように努力をしてください。」
と、日ごろの生活について考えさせられる内容ばかりでした。


   CIMG2849_convert_20120308135050.jpg





   CIMG2851_convert_20120308135201.jpg





   CIMG2853_convert_20120308134935.jpg



また、住職様は言われました。
「皆、無縁の者はいない。例え血の繋がりがなくとも、何らかの繋がりがあるものである」と。

貴重なお話、ありがとうございました。

スポンサーサイト



未分類

プロフィール

養護老人ホーム玉寿荘

Author:養護老人ホーム玉寿荘
【運営主体】
社会福祉法人 日新福祉会

【施設概要】
入所    - 50名
短期入所 -  5名

【入所できる方】
概ね65歳以上の方で、環境上及び経済上の理由により家族での生活が困難な方が入所の対象となります。

【入所の手続き】
住民票のある市町村が申請の窓口となっていますので、市役所等にてご相談下さい。

【電話番号】
019‐683‐2965
【FAX】
019‐683‐2268

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR